第454回トライボロジー懇談会

著名トライボロジストと語る —加藤 康司 先生—

開催日時

2018年3月19日(月)  14:00~17:00

趣旨

歴史あるトライボロジー懇談会の発足の主旨に改めてスポットを当て,トライボロジーについて語り合う場を提供いたしたいと考えます.著名なトライボロジストより,これまで経験されてきたトピックスをご紹介いただくとともに,最新のトライボロジーに対する切り口について話題提供いただき,参加者と将来のトライボロジーについて大いにご議論いただくことを期待いたします.

話題提供

加藤 康司 先生(東北大学名誉教授・日本大学元教授)

「(1)場(環境)→(2)表面→(3)接触→(4)相対運動→(5)摩擦抵抗・振動・音・発熱・エミッション・摩耗→(6)初期状態→(7)経時変化→(8)馴染み→(9)安定状態」
摩擦面における現象を制御し,目前の技術を改良するか,または新しい技術を産み出そうとする場合に配慮確認し,考察に入れるべきステップはこれら(1)→(9)の総てになる.(9)において希望する特性を得るためには(1)~(8)の意味とメカニズムを知ることが必要になる.人の子育てにおいて考えるべき諸因子や老人の未病長寿のために考えるべき諸因子が多数あることに似ている.
いずれもが超多因子敏感現象である.碁や将棋のように指し手をAI に任せられるような単純な現象ではない.(1)~(9)の各ステップにおいて把握すべき主要因子,(5)~(9)において発現する代表的特性などを十分に理解した上で,改良技術または新技術のための特解を求めることになる.その過程には常に未知・未確認の現象が含まれていると考えなければいけない.人・技術者・研究者としての集中し繰り返し観察した経験が大切になる.多種多様な摩擦の場の(1)~(9)にそれらが求められる.それ故にトライボロジストにとっては多様な夢の種が尽きることはなく,仕事が無くなることもない.
このような観点から,これからのトライボロジーについてお話しいたします.

総合検討会

先生から提供された話題について同一会場にて参加者全員で語り合います.

会場

東北大学 カタールサイエンスキャンパスホール

会場マップ

会場までの交通(仙台駅からのアクセス)
●仙台市地下鉄東西線
  「八木山動物公園」行きに乗車,「青葉山」駅で下車(乗車時間9 分,料金250 円),
  センタースクエア(Cエリア)まで徒歩約10分.
●タクシー
  所要時間/約20 分
  料金/約1,800 円※タクシーの所要時間と料金は大まかな目安です.道路の混雑の状況によって異なります.

交通の詳細はこちら

参加費

正会員・名誉会員:3,000円
学生会員:無料
維持会社所属の非会員:8,000円
非会員:10,000円

参加費のお支払いは,下記の銀行振込または郵便振込でお願いいたします.
 みずほ銀行 虎ノ門支店 普通預金口座 No. 1416071
 郵便局 通常預金 記号10080 番号60306211
 口座名義 シャ)ニホントライボロジーガッカイ

※維持会員の共通無料参加券が使用できます(1人1枚).無料参加券は当日ご持参ください.
※受講決定後に取消しの申し出がありましても,受講料は返金いたしませんのでご了承ください.
※申込時,同時に入会手続きされますと,会員料金で参加できます.

入会のご案内

  • 参加申込

    右の「参加登録」ボタンからお申込みください.

  • 申込締切

    2018年3月2日(金)厳守

  • 定員

    30名
    (締切日前でも定員に達し次第,申し込みを締め切らせていただきます.