研究会企画講座『潤滑油基材の基礎と最新動向』

研究会企画講座『潤滑油基材の基礎と最新動向』—基油・添加剤技術の今を学ぶ—

企画

日本トライボロジー学会 産学協同研究会「添加剤技術研究会」

開催日

2017年11月29日(水),30日(木)

趣旨

添加剤技術研究会主催による5回目の研究会企画講座を開催します.今回は,潤滑油製品を製造する際,不可欠となる基油と添加剤の両方に焦点を当て,2日間の講座を開催致します.
近年,潤滑油の高性能化についてはめざましいものがあり,その根幹を担うのが基油・添加剤技術になります.潤滑油用添加剤は一般的に,基油独自の特性(粘度,粘度指数,流動点など)を改善するためや,基油には備わっていない性能(清浄分散性,極圧性,Group IIやGroup III基油での酸化安定性など)を付与するために添加されています.今後,潤滑油へのさらなる省燃費(エネルギー)化,低粘度化,長寿命化などの要求に答えるためには,添加剤技術の進展と共に基油の高性能化も重要と考えます.
本講座では,1日目に,一般的に広く利用されている炭化水素系基油について,その需給動向や技術動向について紹介致します.また,APIの基油分類でGroup Vに属するナフテン系基油,エステル,ポリアルキレングリコールの動向についても解説致します.1日目の最後には,トヨタ自動車,平野聡伺様からエンジン油の高性能化に対する必要基油技術について講演をして頂きます.
2日目は,岩手大学 名誉教授の森 誠之先生をお招きし,潤滑油の高性能化に向けて添加剤技術への期待に関してご講演をして頂きます.その後,以前実施した『いまさらきけない潤滑油添加剤の基礎をそっと学ぶ』-添加剤の作用機構入門-の講座ではプログラムにはなかった清浄分散剤に関して,基礎と役割について解説致します.さらに,摩擦調整剤・油性剤,イオウ系添加剤,酸化防止剤・防錆剤,粘度指数向上剤ならびに低温流動性向上剤について解説致します.
潤滑剤メーカーに勤務している若手研究員の方々,OEMなどで潤滑剤を担当している方々ならびに大学などで潤滑剤に関わる研究を行っている先生,学生の方々におかれましては,奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます.

キーワード

高性能化 省燃費 摩耗防止 超低粘度油 鉱油 合成油 GTL PAO ナフテン Ester PAG DDI 
FM VM VII ポリマー オリゴマー 界面活性剤

会場

笹川記念会館 第1・第2合同会議室 鳳凰の間
(東京都港区三田3-12-12 TEL 03-3454-5062)

会場アクセス

プログラム

 【1日目】
  10:00~10:10  開会の挨拶と添加剤技術研究会の紹介
            主査 (東京工業大学)  益子 正文 氏
(1)10:10~10:50 潤滑油用基油の需要と供給最新動向
            クライン ジャパン リミテッド 足立 之彦 氏
(2)10:50~11:30 Technical Trend of Gr-III Base Oil※
            SK Innovation Co., Ltd, Mr. Hak Mook Kim
  11:30~12:30  昼 食
(3)12:30~13:10 GTL基油の動向
            シェルルブリカンツジャパン(株)  鎌田 久美子 氏
(4)13:10~13:50 Future Directions in Polyalphaolefin Technology※
            INEOS Oligomers, Mr. Kee Seng Lau (講演者が変更になりました)
(5)13:50~14:30 ナフテン系基油の動向
            ニーナス ジャパン  佐野  茂 氏
  14:30~14:45  休 憩
(6)14:45~15:25 エステル系基油の動向
            クローダジャパン(株)  上野 慶子 氏
(7)15:25~16:05 ポリアルキレングリコールの技術動向
            ダウ・ケミカル日本(株)  長谷川 和行 氏
(8)16:05~16:45 (特別講演)アジア市場におけるベースオイル開発とエンジンオイル品質向上への期待
            トヨタ自動車(株)  平野 聡伺 氏
  17:00~19:00  技術交流会
 
 
【2日目】
(1)10:00~11:00 (特別講演) 潤滑油の高性能化に向けて添加剤技術に期待すること
            岩手大学 名誉教授  森  誠之 氏
(2)11:00~11:50 清浄分散剤の基礎と役割
            アフトン・ケミカル(株)  田中 修一郎  (講演者が変更になりました)
  11:50~13:00  昼 食
(3)13:00~13:45 摩擦調整剤・油性剤
            (株)ADEKA  山本 賢二 氏
(4)13:45~14:30 イオウ系添加剤
             DIC(株)  松枝 宏尚 氏
(5)14:30~15:15 酸化防止剤・防錆剤
             BASFジャパン(株)  渡邉  亨 氏
  15:15~15:25  休 憩
(6)15:25~16:10 Viscosity Index Improvers
            日本ルーブリゾール(株)  鈴木 康善 氏 (講演者が変更になりました)
(7)16:10~16:55 低温流動性向上剤
            エボニック ジャパン(株) 井上 保明 氏
 
※は英語による講演となります.

定員

80名
(定員になり次第締め切らせていただきますので,お早目の申し込みをお願いします)

申込締切

2017年11月10日(金)

※定員に達したため,申込を締め切りました.(2017/10/27)

受講料

正会員:15,000円
学生会員:3,000円
維持会員会社所属の非会員:20,000円
非会員:30,000円
学生非会員:6,000円

※維持会員向けの共通無料券は使えません.

  • 申込方法

    右の「参加登録」ボタンからお申し込みください.

    ※当日,申し込み時の返信メールをプリントアウトして会場にお持ちください.
     

    ※定員に達したため,申込を締め切りました.(2017/10/27)

  • 参加費支払方法

    下記の銀行振込または郵便振替でお願いいたします.
    ・みずほ銀行虎ノ門支店 普通預金口座 No.1416071
    ・郵便局通常預金 記号10080 番号 60306211
    口座名義 シャ)ニホントライボロジーガッカイ

    ※参加決定後に取消しの申し出がありましても,参加費は返金いたしませんので,ご了承ください.

  • 教材

    当日,USBメモリにて配布いたします.

  • 受講証

    研究会企画講座終了後,受付にて受講証を発行いたします.

  • 技術交流会

    1日目の講座終了後,会場内のレストランで技術交流会を行います.(会費無料)