「技術論文」創設と論文種別変更のお知らせ

2016年12月26日

「技術論文」を創設し,論文種別を「学術論文」「技術論文」「速報論文」の3種目に変更しました.
 

「技術論文」創設と論文種別の変更について

会員の皆様には,日頃より「トライボロジスト」への論文投稿をいただき御礼申し上げます.これまで,「トライボロジスト」では「論文」および「速報論文」の2種目を設けておりましたが,トライボロジーは実用技術であり,毎年2回のトライボロジー会議では企業から多数の発表が行われている状況に対応して,これらの発表に基づくものなど,工業的に有用な内容を論文として投稿しやすくするため,「技術論文」を創設いたしました.また,それに伴い,論文種別を「学術論文」「技術論文」「速報論文」の3種目に変更しました.

1.「技術論文」の趣旨
主として工業的有用性を主張点とした論文を新種目「技術論文」として受け付ける.「技術論文」では工業の発展に寄与する技術,例えば製品開発の過程で着想され課題解決につながった新たな技術や優れた実用性能を実現するための鍵となる技術等の価値を評価し,過度に学術的な完結性,厳密性を問わないこととする.

2.「技術論文」の概要
(1)従来「論文」としてひとくくりにされてきた「トライボロジーに関する学術の進歩に寄与する研究成果,または工業に直結したトライボロジー技術に関する報告」のうち,「工業に直結したトライボロジー技術に関する報告」を新種目「技術論文」として受け付け,評価する.これに伴い,「トライボロジーに関する学術の進歩に寄与する研究成果」については「学術論文」として受け付け,評価する.
(2)「技術論文」と「学術論文」とで論文の評価基準を異なるものとする.「技術論文」では「工業的有用性」を重視して評価し,「学術的有用性」,「発展性」および「完結性」については評価基準に含めない(※).

多くの方,特に企業所属の会員からの積極的な投稿をお待ちしております.
論文投稿の詳細は,下記ページをご覧ください.

論文の投稿方法について