トライボロジー遺産

トライボロジー遺産について

当学会では、科学と技術の発展の歴史において重要な貢献をしたトライボロジーに関係する技術や事物を発掘し保存するために、『トライボロジー遺産』として認定し、情報発信と顕彰を行なうことと致しました。

トライボロジー遺産 認定一覧

  遺産の名称 所有者 詳細
第1号 転がり軸受第1号設計図 日本精工(株) (PDF287KB)
第2号 日本のトライボロジー黎明期に活躍した摩擦摩耗試験機群 大豊工業(株) (PDF546KB)
第3号 0系新幹線用車軸転がり軸受 NTN(株) (PDF273KB)
第4号 実験場報告第8号「Turbine oil 比較試験」 三菱重工業(株) (PDF310KB)
第5号 明治後期~昭和初期にかけて開発された国内主要油田の原油サンプル 秋田大学 工学資源学部 (PDF271KB)
第6号 機械減摩法(初版)三井嗣喜著 九州工業大学附属図書館 (PDF233KB)
第7号 学振形玉軸受寿命試験機 126 I-B型 産業技術総合研究所 (PDF170KB)
第8号 極低温高速軸受試験機, 極低温高速シール試験機 宇宙航空研究開発機構 (PDF246KB)
第9号 鉄道用集電摩耗試験機 (公財)鉄道総合技術研究所 (PDF463KB)
第10号 動圧流体潤滑軸受式VTR用回転ヘッドシリンダ パナソニック(株)
AVCネットワークス社
(PDF320KB)
第11号 国産メインフレーム用大容量高速磁気ディスク装置 名古屋大学博物館 (PDF345KB)
第12号 湿式クラッチ摩擦特性評価用面接触滑り試験機 (株)出光興産
営業研究所
(PDF290KB)
第13号 国産初の静圧流体軸受搭載高精度研削盤 (株)ジェイテクト (PDF227KB
第14号 現存する日本最古の縦型および横型グリース製造釜 協同油脂(株) (PDF267KB)
第15号 ダイヤモンドブラックコーティング装置(ICLプロセスイオン化蒸着装置) 東京都立産業技術研究センター (PDF242KB)
第16号 曽田文庫 オイレス工業(株) (PDF311KB)

トライボロジー遺産候補推薦募集(平成28年度)

日本トライボロジー学会では,トライボロジー遺産の認定表彰を行っております.
この認定表彰は毎年,トライボロジーに関わる貴重な遺産を認定するもので,本年度も下記の要領で「トライボロジー遺産」候補のご推薦を公募致します.

【トライボロジー遺産候補の応募締切り】
2016年11月11日(金)

【応募方法・申請書】
下記「トライボロジー遺産申請書」をダウンロードし,必要事項をご記入の上,期日までに申請書のPDFファイルをE-mailにて下記の送付先にお送りいただくか,ハードコピー1通を郵送にてご提出ください.
応募は自薦・他薦を問いません.申請書類はご返却致しませんのでご了承願います.
また,応募いただいた候補は,次年度以降も引き続き審査致しますので,再度ご応募いただく必要はありません.
なお、認定されたトライボロジー遺産は,保存状態と公開に関する情報等を学会誌・本会HPでご紹介いただきます.
やむを得ずトライボロジー遺産を廃棄する場合は,事前に学会への連絡が必要となります.

トライボロジー遺産認定申請書 [xls:38.0KB]

【トライボロジー遺産認定 申請書送付先】
一般社団法人日本トライボロジー学会  トライボロジー遺産委員会
〒105-0011  東京都港区芝公園3丁目5番8号 機械振興会館内407-2号室
E-mail:jast@tribology.jp   電話:03-3434-1926

【目的】
科学と技術の発展の歴史において重要な貢献をしたトライボロジーに関係する技術や事物を発掘し保存するために『トライボロジー遺産』として日本トライボロジー学会が認定し,情報発信と顕彰を行う.

【認定対象】
認定する対象は原則として,
(1)トライボロジーが産業・人類文化等に貢献をした機械要素,機器,システム等.
(2)トライボロジーの発展に貢献をした文献や図面などの技術資料.
(3)トライボロジーに関係した建造物,構造物,博物館等の所蔵品などの歴史的な事物.

【認定基準・指針】
『トライボロジー遺産』とは,トライボロジーに関する技術の歴史を示す具体的な事物・資料であって,以下のいずれかに合致するもの.
(1)トライボロジーの発展史上で工学的に重要な貢献を示すもの.
(2)トライボロジーが国民生活,産業,文化,経済,社会,技術教育に対し貢献したもの.
《各項目の内容》
(1)トライボロジーの発展史上において重要な貢献を示すもの.
・トライボロジーの技術において独創性または新規性のあったもの.
・飛躍的に性能を改善した技術や製品.
・機械要素などの製品の品質や性能を著しく向上させたもの.
・製品の創造と開発に役立ったもの.
・保護・保存する必要があるもの.
(2)トライボロジーで経済効果,資源,環境・安全,生活・文化や技術教育に対して貢献したもの.
・生活・文化・社会の発展や向上に貢献したもの.
・省資源,省エネルギー,地球温暖化防止に貢献したもの.
・長寿命または信頼性の向上に貢献したもの.
・環境保全や安全に貢献したもの.
・トライボロジーの技術継承や技術教育に貢献したもの.