論文投稿に関するお知らせ

「技術論文」創設について

会員の皆様には,日頃より「トライボロジスト」への論文投稿をいただき御礼申し上げます.これまで,「トライボロジスト」では「論文」および「速報論文」の二種目を設けておりましたが,トライボロジーは実用技術であり,毎年2回のトライボロジー会議では企業から多数の発表が行われている状況に対応して,これらの発表に基づくものなど,工業的に有用な内容を論文として投稿しやすくするため,以下のように「技術論文」を創設いたしました.

1.趣旨
主として工業的有用性を主張点とした論文を新種目「技術論文」として受け付ける.「技術論文」では工業の発展に寄与する技術,例えば製品開発の過程で着想され課題解決につながった新たな技術や優れた実用性能を実現するための鍵となる技術等の価値を評価し,過度に学術的な完結性,厳密性を問わないこととする.

2.「技術論文」の概要
(1)従来「論文」としてひとくくりにされてきた「トライボロジーに関する学術の進歩に寄与する研究成果,または工業に直結したトライボロジー技術に関する報告」のうち,「工業に直結したトライボロジー技術に関する報告」を新種目「技術論文」として受け付け,評価する.これに伴い,「トライボロジーに関する学術の進歩に寄与する研究成果」については「学術論文」として受け付け,評価する.
(2)「技術論文」と「学術論文」とで論文の評価基準を異なるものとする.「技術論文」では「工業的有用性」を重視して評価し,「学術的有用性」,「発展性」および「完結性」については評価基準に含めない(※).

3.実施時期
2017年1月受付け分より

多くの方,特に企業所属の会員からの積極的な投稿をお待ちしております.

(※) 評価基準の詳細および改定のポイントは下記ファイルをダウンロードしてご確認ください.

技術論文創設と各種目の掲載基準 [pdf:834.9KB]

「トライボロジスト」電子版(J-STAGE)における論文の早期公開について

学会誌「トライボロジスト」を電子ジャーナル「J-STAGE」で公開しています.
この中で,論文については,速報性を重視し,会誌「トライボロジスト」発行に先立って「J-STAGE」上での早期WEB公開を以下の通り行っています.

 ・早期公開時期:「トライボロジスト」掲載の約2か月前
 ・早期公開の形態:版下第1版(著者校正前段階)

なお,会誌「トライボロジスト」掲載後は,J-STAGE上の論文を会誌掲載版(最終版)に切りかえます.早期公開から会誌掲載までの流れは下図を参照ください.
これにより,論文投稿から公開までの期間が短縮されますので,ぜひ積極的に投稿くださいますようお願いいたします.
 

   

「トライボロジスト」電子版(J-STAGE)はこちら

論文掲載料無料化の試行について

2015年春より,トライボロジー会議の講演について,以下のように掲載料を無料とする試みを行なっています.皆様のご投稿をお待ちしています.

トライボロジー会議2018春 東京 での講演について,
 (1) 予稿提出時に「トライボロジストへの論文投稿予定あり」を選択した講演 (期限:2018年6月25日(月))
 (2) 論文掲載について座長推薦を受けた講演 (期限:2018年11月5日(月))
のいずれかに該当する論文が,指定する期限までに「トライボロジスト」に投稿され,掲載に至った場合,掲載料を無料といたします.

トライボロジー会議2018秋 伊勢 での講演について,
 (1) 予稿提出時に「トライボロジストへの論文投稿予定あり」を選択した講演 (期限: 2018年12月10日(月))
 (2) 論文掲載について座長推薦を受けた講演 (期限:2019年5月9日(木))
のいずれかに該当する論文が,指定する期限までに「トライボロジスト」に投稿され,掲載に至った場合,掲載料を無料といたします.

※「論文投稿予定あり」を選択した講演が座長推薦を受けた場合の期限は,(2)ではなく(1)になります.
※カラーページにつきましては,別途カラーページ印刷料がかかりますので,ご了承ください.