お知らせ

石油学会2020年度研究助成公募

石油学会では石油学会研究助成の2020年度助成対象者を募集しています.本助成金の応募資格は石油学会の会員に限定せず,学会推薦も不要です.

■対象
 石油,天然ガス,石油化学関連の目的基礎研究および応用的研究ならびに開発
■応募資格
 日本国内の大学,工業高等専門学校など研究機関に所属する若手研究者およびこれに準ずる者で,
 2020年4月1日現在で40歳未満の者。
■助成金申請額
 1件100万円以下(設備備品費は40万円を超えないこと)
■応募期限
 2019年11月29日(金)

詳細は,下記のページでご確認ください.

https://www.sekiyu-gakkai.or.jp/jp/natural/supportcode.html

日本科学協会主催セミナー「未来をひらく 科学と倫理」のご案内

日本科学協会では,科学を宗教・倫理・芸術の3つの哲学テーマから考える科学隣接領域研究会を開催しております.
その成果を,「未来をひらく 科学と倫理」と題してセミナーを開催いたします.
前半では,研究者が直面している倫理の問題を取り上げ,後半では,先端科学分野「生命・AI・宇宙」の倫理について探っていきます.
文理問わず,研究者の皆様にご出席賜りたく,お申込みをお待ちしております.

●日時:2019年10月26日(土)13時~17時
●場所:日本財団ビル2F大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
●定員:100名(先着順事前登録制)
●参加費:無料

詳しくは,下記のページをご覧ください.

https://www.jss.or.jp/ikusei/rinsetsu/ethics/seminar.html

2020年度笹川科学研究助成の募集

公益財団法人日本科学協より,笹川科学研究助成募集のお知らせです.

■主な募集条件
【学術研究部門】
 ・大学院生(修士課程・博士課程)
 ・35歳以下の任期付き雇用の若手研究者(ただし,「海に関係する研究」は雇用形態を問わない)
 ・助成額は,1件100万円を限度とする
【実践研究部門】
 ・学校・NPO職員等に所属している方
 ・博物館,図書館等の生涯学習施設に所属している学芸員・司書等(年齢,雇用形態は問わない)
 ・助成額は,1件50万円を限度とする

■申請期間
・申請期間:2019年9月17日~2019年10月16日

詳細情報,申請方法は下記Webサイトをご確認下さい.

公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成

2019年度宇宙科学奨励賞公募のご案内

公益財団法人宇宙科学振興会では,宇宙科学分野で優れた研究業績を挙げ,宇宙科学の発展に寄与した若手研究者を顕彰し,宇宙科学奨励賞を授与しています.2019年度の第12回宇宙科学奨励賞候補者の推薦を募集しますので,優れた業績を挙げ将来の活躍が期待される若手研究者をご存知の際には,ご推挙いただきますようお願い申し上げます.

●表彰の趣旨:宇宙理学(地上観測を除く)分野および宇宙工学分野で独創的な研究を行い,宇宙科学の進展に寄与する優れた研究業績をあげた若手研究者個人を顕彰する.
●候補者:上記分野で優れた業績をあげた当該年度の4月1日現在37歳以下の若手研究者個人.(他薦に限る)
●賞の内容:授賞は原則として宇宙理学関係1名,宇宙工学関係1名.本賞(賞状と表彰楯),副賞(賞金30万円)を贈る.
●推薦締切日:2019年10月31日(木)必着.

詳細は,下記ホームページでご確認ください.

公益財団法人宇宙科学振興会

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2019年度第4回募集

NHKでは,NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています.
公募で採択された研究者は,東京ではNHK放送博物館・川口 NHKアーカイブス,大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で,ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます.

○第4回閲覧期間:2019年12月~2020年2月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者:大学または高等専門学校,公的研究所に所属する職員・研究者,大学院生
○募集締め切り:2019年9月30日
○募集研究数:放送博物館(6組)・川口 NHKアーカイブス(2組)・大阪放送局(3組)

応募要項等詳しくは,以下のホームページをご覧ください.

http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

宇宙科学振興会 2019年度助成事業

公益財団法人宇宙科学振興会は宇宙科学分野における学術振興を目指し,2019年度も引続き2件の助成事業を行います.

(1)国際学会出席旅費の支援
●支援対象
宇宙理学(地上観測を除く)および宇宙工学(宇宙航空工学を含む)に関する独創的・先端的な研究活動を行っている若手研究者(当該年度4月2日で35歳以下),またはシニアの研究者(当該年度4月2日で63歳以上かつ定年退職した者)で,国際研究集会で論文発表または主要な役割などが原則として確定している者.
●助成金額・件数:一件あたり10〜30万円程度,年間8件程度
●申し込み受付時期
応募締切り2019年8月31日:2019年10月1日 ~ 2020年3月31日の間に開催初日が予定される学会対象
応募締切り2020年2月29日:2020年4月1日 ~ 2020年9月30日の間に開催初日が予定される学会対象

(2)国際学会開催の支援
●支援対象
宇宙科学研究を推進している国内の学術団体(研究所、大学等)で,宇宙理学(地上観測を除く)及び宇宙工学(宇宙航空工学を含む)に関する国際学会,国際研究集会の国内開催を主催しようとする団体.
●助成金額・件数:一件あたり30〜50万円程度,年間4件程度
●申し込み受付時期
応募締切り2019年8月31日:2019年10月1日 ~ 2020年3月31日の間に開催初日が予定される学会対象
応募締切り2020年2月29日:2020年4月1日 ~ 2020年9月30日の間に開催初日が予定される学会対象

詳細は下記ホームページご参照ください.

宇宙科学振興会

「トライボロジー」の生みの親 Prof. H. Peter Jost ご逝去

ITC(国際トライボロジー評議会)会長の Prof. H. Peter Jost が、2016年6月7日、95歳でお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。
なお、Jost先生の業績や本学会との関わりについては、トライボロジスト61巻7号 会のページに掲載いたします。